令和2年(2020年) 7月1日(水)

 7月1日、和歌山市では風速25メートルの嵐になりました。畑のキュウリやミニトマトの支柱が倒れ、合計20株が痛みました(写真①)。

f:id:hanakuruma:20200701112650j:plain

 去年や一昨年の台風でも支柱は倒れなかったのにと不思議に感じたのです。

 よく見ると、支柱の一部がビニールタイだけで固定しているところが数カ所ありました。いつも針金できつく固定するのですが、今年は作業途中で休憩してそのまま忘れたようです。

 これは残念、大量のミニトマトとキュウリが無くなりました(写真②)。

f:id:hanakuruma:20200701112745j:plain

 今日は早朝から復旧作業です。今年はミニトマトにも網を張ったので、ガラが網に絡まって撤去するのは容易ではありません(写真③)。

f:id:hanakuruma:20200701112843j:plain

 完全に撤去したら掘り返して苦土石灰、スタミナJという土壌改良材、鶏糞を入れて土を作ります(写真④)。

f:id:hanakuruma:20200701112858j:plain

 苦土石灰はまいてすぐに植え付けられるということなので、キュウリ苗を受け付けました。

 この苗、種を蒔くのが早すぎて植える場所がなく、廃棄寸前だったのですが、運良く出番が回ってきました(写真⑤)。さあ、どうなるでしょうか。

f:id:hanakuruma:20200701112931j:plain

 アイコというミニトマトの株はかろうじて生き残りました(写真⑥)。

f:id:hanakuruma:20200701112959j:plain

 さて、話は2日前に戻ります。6月1日に挿し芽にした夜香木とユリオプスデージーが発根したので鉢に植え替えることにしました(写真⑦)。

f:id:hanakuruma:20200701113145j:plain

 ダリアとコスモスの種まきです。もう今期何度目か分からなくなりました。一袋の種を何回にも分けて蒔きますが、この袋は今回が最終回です(写真⑧)。

f:id:hanakuruma:20200701113206j:plain

 妻が知人宅からアジサイの枝をもらって来ました。すぐに挿し芽にします(写真⑨⑩)。

f:id:hanakuruma:20200701113223j:plain

f:id:hanakuruma:20200701113238j:plain

 ギボウシの花が咲きました。遠目には日陰の花という地味な感じですが、こうやって近づくと控えめで美しいという感じがします。

 喧噪の世にいてこういう花を見ると心が落ち着くということかもしれません(写真⑪)。

f:id:hanakuruma:20200701113300j:plain

 完