令和元年(2019年) 12月13日(金)

 巷では紅葉の季節が終わろうとしています。街路樹のイチョウは盛んに葉を散らしています。黄色の絨毯が美しいですね。
 当花壇のギボウシも負けじと色づきました。
 ギボウシもいいですね、日陰でも育つし、青い葉は見事です。おまけに黄葉も楽しめるとなると大した存在です(写真①)。

f:id:hanakuruma:20191213095601j:plain

 もう一つ紅葉が楽しめるもの、それはカシワバアジサイです(写真②)。

f:id:hanakuruma:20191213095615j:plain

 畑で白菜が採れました(写真③)。我が家では週に3回は鍋物です。自前の白菜となれば一段とおいしいと思います。

f:id:hanakuruma:20191213095640j:plain

 よく分からないのですが、これは愛星というサボテンと思われます。

 妻が何かの花教室で銀扇、オーロラと一緒に植えたものですが、数年前に全部植え替えた後、愛星だけが生き残りました。(写真④)。

f:id:hanakuruma:20191213095702j:plain

 他の鉢の植え替えのときに出た粗い小石を下に敷き、赤玉土腐葉土、普通の土、少量の鶏糞を混ぜた土を詰めて植え替えました(写真⑤)。

 多肉宿物は他とはやり方が違うのでかなり難しいと感じます。

f:id:hanakuruma:20191213095743j:plain

 今年のスイセンの一番花です(写真⑥)。例年並みというところです。この後、すぐに玄関の花瓶に入りました。

f:id:hanakuruma:20191213095820j:plain

 畑地性カラーの鉢から何やら芽を出しました。どうなるでしょうか(写真⑦)。

f:id:hanakuruma:20191213095842j:plain

 刻みネギ用のネギの種まきをします(写真⑧)。トロ箱に普通の土を入れたものを使います。

 ここで苗を養生して畑のキャベツや白菜が終わったらすぐに植え替えます。

 刻みネギは薬味として最高です。おいしい上に優れた抗菌性もあるそうです。

 スーパーで売っている刻みネギ用のネギの根を切り取って畑に植えると立派なネギに成長します。

f:id:hanakuruma:20191213100021j:plain

 今日も土の入れ替えでした。今年はこれが最後の入れ替えになるかもしれません。今年はもう植え替えが必要な鉢もプランターもありませんから(写真⑨)。

f:id:hanakuruma:20191213100115j:plain

 完